毒草一覧次の花
カナムグラ


空き地や藪に群生化している花粉症原因の風媒花。「葎(むぐら)」とは草むらの意味で、金(鉄)のような強いツルに丈夫な棘を持っているのでひっかかれないように注意しましょう。


毒草名  カナムグラ(金葎)、ヤエムグラ、葎草
学 名  Humulus scandens MERR.
特 性  クワ科 カラハナソウ属、雌雄異株の一年生つる性植物
花 期  8〜10月
毒部位  葉汁、花粉
成 分  タンニン(Tannin)、蓚酸(Oxalic acid)
症 状  皮膚炎、かぶれ、アレルギー


 

雄花です。雌花は?....また来年。


そして、1年後




  

お待たせしました雌花です。ビールの原料となるホップ(Humulus lupulus L.)と同じ仲間なのでよく似ていますね。


 

ヤブの中に大群生しています。掌のような葉の形が特徴的です。




この下向きに付いたトゲが曲者です。




やへむぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
- 恵慶法師 -




≪MEMO≫
・薬効:全草[健胃、解熱、利尿、掻痒]
・つるは(下から見て)左巻き。
・キタテハの食草。
・ホップ
 


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS